消毒液代わり ウォッカなども認める!? 全国の医療機関などに通知

 

消毒液代わり ウォッカなども認める!? 全国の医療機関などに通知

 

※別タブでニュース動画がご覧いただけます。

 

消毒液がわりに飲料用アルコールを使用許可と言うことで本日ニュース等出ておりますが、消毒用アルコールの供給不足を補うためにお酒での代用が認められたという事です。


対象となるのは、「 成分にメタノールを含まない、アルコール度数が70%から83%の範囲の酒で、ウォッカなどが該当する。」と記載されています。

実際にアルコール消毒の代わりに使用と言う事になると通常のアルコールより高くつく可能性が高いと思います。お酒の種類にもよるかな?

 

 

弊社で取り扱いしている次亜塩素酸水を精製する「@除菌プレミアム」はいつでも出来立ての次亜塩素酸水をご利用いただけます。飲料水を塩で電気分解しただけですので人体に影響のない消毒が可能です。

こちらはアルコールよりもお安くで利用できる上に効果が高いので、直接手洗いだけでなく、空間噴霧やボトルに入れて持ち歩き、据え置きでプッシュボトルに入れてアルコール消毒の代わりなどいろんな場所で活用いただけます。

アルコールが不足していると言う事は医療機関優先に今後もアルコールが出ていくと言うことだと考えられます。今後もしばらく消毒用アルコールが不足する事を考えて、ぜひ酸性電解水をご利用いただければと思います。

 

※酸性電解水を精製する、「@除菌プレミアム」については、酸性電解水特設ページをご覧ください!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください